BALIモノBLOG

BALIモノSHOPの商品紹介用BLOGとして、再利用予定♪
その他気になる雑貨+本+BALIの写真などもちょっとづつ載せてみます。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
とり手羽パイナップル煮
今日はクリスマスイブ。
山椒でも、とり料理を作ってみました。
手羽先をフライパンで皮の方だけ焼いて、白ワイン・ウスターソース・パイナップル缶を加えてじっくり煮ます。

少し甘酸っぱくて、柔らく身離れのよい煮物です。Teba-saki
| ふくちゃん♪ | └旬の食べ物 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(2) |
燻製いろいろ
自家製の燻製です。
チーズや魚類、たくあんなど、、、。
なんでも燻製にします。
この燻製のファンも結構多いです。
Smoked cheeses&Fish, originally uploaded by sansyo.

| 山椒(大粒・並粒) | └旬の食べ物 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
うなぎのみぞれ蒸し
うなぎに大根おろしあんをかけて、蒸したお料理です。
あつあつを食べると、体の中からぽかぽかと温まります。



大根のほんのりとした辛味があり、ファンが多いメニューです^^
| ふくちゃん♪ | └旬の食べ物 | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
むかご
この前京都に行ったついでに、デパ地下でお弁当を買って帰ったら「むかご」が入っていました。

食べるのが始めてだったので、写真を撮っておきました^^



自然薯(じねんじょ)や 長芋(ながいも)などの芋が地上にできたものなのだそうです。
実がなるのかと思ったら、お芋と同じものなのですね。

食感や味も長いもに良く似た感じでした。
| ふくちゃん♪ | └旬の食べ物 | 13:33 | comments(3) | trackbacks(1) |
つみれ汁
いわしが減ってなかなかつみれに出来ませんが、適当な量と大きさのものが手に入るとつみれを作ります。

骨は別に骨粉にして入れます。
たくさんのいわしから出来上がる量は少なく、手間も大変かかるのですがこうして作るとおいしい!

つみれ汁にすると、元気が出る味です。




冬は時々つみれ鍋になります。
つみれ鍋は青ねぎとつみれだけ。
ポン酢で食べます。
| 山椒(大粒・並粒) | └旬の食べ物 | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
かす汁
山椒では11月からかす汁を始めました。
魚のあらの出しと、吟醸の酒かすをすりつぶし、野菜とこんにゃくとあげだけを入れて作ります。



体の中から、ほかほかあったまりますよ嬉しい
| 山椒(大粒・並粒) | └旬の食べ物 | 21:18 | comments(2) | trackbacks(1) |
秋のおひたし@秋味
秋の花といえば菊ですね。
見て楽しむのもいいですが、食べられる食用菊を使った料理も秋らしくて楽しいです。
また菊花には香りの成分テルペンが、イライラを取り除いてくれるなどの効用もあるそうです。
食用菊の花びらを少し酢を落とした湯でゆでておいて、いろいろ使っています。

▼写真は菊菜と焼きしいたけ、そして食用菊を取り合わせた秋のおひたしです。



黄色と緑のコントラストがきれいです。


akiazi

以下武生市HPより引用。http://www.city.takefu.fukui.jp/hp/hello/hel2400.html

食用菊はヘルシー食品

 食用菊は、古くから漢方薬に利用されている。解熱作用や頭痛、めまい、口が苦い、頭がほてるといった症状に効果があり、リラックス効果が高く、自律神経を安定させる働きがあるからだ。これは、菊花の香りの成分テルペンが、イライラを取り除いてくれるためだと言われている。
 このほかにも、菊の葉をしぼってマッサージすると、あかぎれやしもやけにも効果があるとか、アルカリ性の食品だから毎日食べつづけると、血管内のコレステロールを除去したり、固まった血液を溶かす働きがあるなど、高血圧、狭心症、脳動脈硬化の予防にも効果があるといわれている。また、老人のボケ防止にも良いという話も…。まさに食用菊は健康にぴったりのヘルシー食品といえよう。

| 山椒(大粒・並粒) | └旬の食べ物 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
柿なます
柿の天ぷらは我が家(ふくちゃん♪宅)のメニューですが、山椒でも柿を使った料理をいろいろ楽しめます。

▼おなじみ、柿なますです。
 柿のオレンジと、大根の白の色合いがきれいです。
 
かきなます

以下かすたNET JA紀北かわかみのHPより引用。(HPでは柿についてもっと詳しく書かれています。)

「柿が赤くなると医者が青くなる」のことわざがあるように、柿はビタミン、ミネラルたっぷりの果実。果物としてだけでなく、さまざまな用途に使われてきました。また、柿の渋は、ポリフェノールの一種で、その機能性が注目をあびています。
| 山椒(大粒・並粒) | └旬の食べ物 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
柿のてんぷら@秋味
山椒のメニューではないのですが、我が家の柿の木に実がたくさんなったので、採っててんぷらにしてみました。

柿のてんぷらというのがあると、気ままさんに教えていただいてからどうしても食べてみたくて…。
ちょうどあまり熟してなかったのがよかったようで、歯ざわりも結構よく、甘くておいしかったです(^-^)

かきのてんぷら

akiazi
| ふくちゃん♪ | └旬の食べ物 | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
サツマイモのオレンジ煮@秋味
秋の代表的な食材から、今日はサツマイモを。
もちろん焼き芋にして食べても美味しいですが、山椒では一手間かけてオレンジを絞って作ったジュースで、サツマイモを煮たオレンジ煮にしています。
香りも良く、色もきれいに出ます。
オレンジの皮も、たっぷり入れてあります。



サツマイモは他の芋類に比べて、繊維やビタミンC、カロチンが多いそうです。
でんぷん分解酵素であるアミラーゼが多いので、蒸したり、焼いたりしても比較的ビタミンCが残ります。

以下ハウス食材辞典より。抜粋引用

●日本名:さつまいも
〔名前の由来〕琉球(沖縄県)から本土に渡来したもので、“りゅうきゅう芋”とも呼ばれたが、江戸時代に薩摩国(鹿児島県)から種芋を取り寄せて全国に普及させたところから“さつま芋”の呼び名が広まった。

栄養成分 ●主成分は炭水化物で、そのうち、でんぷんが最も多い。他に甘味成分であるショ糖やブドウ糖、果糖などを含む。 ● 他のいも類と比較して、繊維やビタミンC、カロチンが多い。
各種成分 ●でんぷん分解酵素であるアミラーゼが多く、蒸したり、焼いたりしても比較的ビタミンCが残っていて、糖分が増え、甘味を増す
● 生のさつまいもを切ると、切り口から白い粘液が出てくるが、これにはヤラピンと いう成分が含まれ、緩下作用がある。
薬理効果 ●繊維が多いので便秘によい。また、ヤラピン成分も緩下作用があるため、便秘予防になり、美容食とされる。
●カリウムが多く、塩分のとりすぎによる高血圧の予防に役立つ。
| ふくちゃん♪ | └旬の食べ物 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

このページの先頭へ